20%の人と80%の人の思考と行動

はじめに

「80:20の法則」「2:8の法則」‥‥いわゆる、世間で称されている「パレートの法則」というものをご存知でしょうか?!

人材育成の研修や経営企画の会議の場などでも使われたり、この法則を変形させ利用されたりすることもあります。
例えば、20:60:20の法則、70:30の法則など。

(この法則の数値が正しいか否かの議論をする場ではありません。)

この対外的かつ統計的な法則を個人的活動、要素などに活用した時、どのように思考変容、行動変容するのか関心事の一つになっています。

パレートの法則
パレートの法則に関するイメージ図

パレートの法則とは?

パレートの法則とは‥‥
イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(べきじょうそく)。(略)
パレートの法則は、働きアリの法則と同じ意味合いで使用されることが多く、組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである

ウィキペディアより

この法則を示す例えとして、一般的に言われることは、

  • 会社の20%の社員が、売上の80%を作っている
  • 人口の20%が、住民税の80%を担っている
  • 会社の売上の80%は、20%の顧客(20%の製品)で成り立つ
  • 仕事の成果の80%は、費やした時間の20%から生じる
    ・・・

等々。逆を論じれば、

  • 会社の80%の社員が、売上の20%を作っている
  • 人口の80%が、住民税の20%を担っている
  • 会社の売上の20%は、80%の顧客(80%の製品)で成り立つ
  • 仕事の成果の20%は、費やした時間の80%である 
    ・・・

と言えます。

(誤解がないように)80%側がダメだということではなく、数学的にも80%が存在するからこそ20%が存在しています。

つまり、少数派(20%)と多数派(80%)のバランスはある支柱(境界線)で保持されており、各々の存在価値は影響力の大きさによって概念化され、人の能力や思考などは善し悪し関係なく分類される、と考えられます。

少数派>多数派

今の社会、経済、会社組織、コミュニティーなどは、実質的に少数派が多数派に影響を与えていると言っても過言ではありません。
数学的にはあり得ませんが、“少数派>多数派”が成立していると考えています。
世界、社会、経済、会社組織、地域、そして個人において、「パレートの法則」を当てはめる事案が多く存在している、と言えるかもしれません。

つまり自分自身をこの法則に当てはめた時、
多数派の80%側にいるのか? それとも、少数派の20%側にいるのか?
それは現在、未来ともに同じなのだろうか?

このことを考えること自体がナンセンスかもしれませんが、
世の全ての人の異なる思考および行動(成果も含めて)をカテゴリー別に大分類した際、80%と20%のセパレート内で自分がどちら側にいたいのか、興味深いことではないでしょうか。

“会社の20%の社員が、売上の80%を作っている”が実際にある場合の、20%の社員と80%の社員の思考や行動は、どのように違いがあるのでしょうか?
“人口の20%が、住民税の80%を担っている”が実際にある場合の、20%の人たちと80%の人たちの思考や行動は、どれほど違っているのでしょうか?

一つ言えることは、少数派(20%)と多数派(80%)の思考や行動は大きく違いがある、ということです。
購買行動でも、少数派の思考・行動は多数派と大きく違います。(参考:イノベーター理論
ただし、少数派はどのカテゴリーでも少数派にいることはなく、一部のカテゴリーにおいて少数派であることがわかります。

つまり、あるカテゴリーの中で20%の少数派に存在しようと考えるならば、出来る限り「20%の人の思考」「20%の人の行動」を身につける必要があるのではないでしょうか。私はそのように考えています。

どの環境にいても、多数派(80%)側にいることがあなたにとってメリットと考えるならば、何ら問題はありません。
もし少数派(20%)側にいることを求め、そこにメリットを感じるのであれば、少数派側の思考と行動を普段から取り入れることになります。

20%の人の思考とは?

20%の人の思考とは、どのようなことでしょう?
例えば、

  • 主体的思考
  • 能動的思考
  • 創造的思考
  • 自己実現的思考
  • 長期・戦略的思考

などが該当します。ちなみに、80%側の人の思考は、

  • 反応的思考
  • 受動的思考
  • 模倣的思考
  • 自我満足的思考
  • 短期・短絡的思考

などです。

ただ、
たまたま20%側にいるだろう人でも、80%側の考えと変わらない人もいるでしょう。
反対に、80%側にいるだろう人でも、20%側の思考を備えている人もいます。

(具体的な数字は明確になっていませんが、)
説明するためにイメージ図を作りました。
例えとして、20%側の5%分と80%側の5%分は、交互に行き来、あるいは押し合いへし合いしている状態ではないかと想像しています。

80%:20%の法則
著者によるイメージ図

高い壁や深い溝があるわけではないため、その境付近はパスポート不要の国境のように往来自由な領土となっている、と言っても良いのかもしれません。
とにかく、80%側に住む人が80%側の思考習慣を持ち続けている限り、20%側に移住することはありません。
20%側の習慣があるからこそ、20%側に永住する可能性は高くなる!ということです。永住権やパスポート、特別な資格などを持つ必要はありません。

20%側に永住する「思考習慣」かつ「行動習慣」を、そこに住む人たちは知っているのでしょう。
つまり、その方々の思考や行動を探り、学ぶ(真似る)ことで、20%側に移住することは可能になるはずです。

さらに20%側の思考や行動について、考えてみました。

20%=80%

具体例を上げながら解説します。

20%の時間・エネルギーで、80%の成果を生み出すこと

これは、個人的なことでも会社事業の運営でも同様です。
ダラダラと時間を費やしても、成果を存分に上げることはできません。成果をあげたとしても、効率も能率が悪いはずです。

一日間での人間の集中できている時間は短い、と言われています。
例えば、会社勤めの方で所定8時間での集中時間あるいは生産性のある時間は2〜3時間ほど。この集中できる短い時間を生産性のある能率的な時間にできるか、が人のセンス・能力になります。

フロー状態の方は時間概念を忘れるとも言われていますが、大抵の方は非フローの中で仕事をしているでしょうから、『早く終わんないかなぁ』『今晩何を食べようかなぁ』『週末どこに行こうかなぁ』『この作業かったるいなぁ』『あの上司ムカつく!』『〇〇くんに会いたいなぁ』『あれ(あのゲーム)、どうやってクリアするんだ?』などなど、独り言が脳の中でさまよっています。ヒト科なので仕方ないことです。
それでも、脳の中の独り言の内容を換えることはできませんか?

この独り言を専門用語で『セルフトーク』と呼びます。
「セルフトーク」を質疑応答方式にすることがコツです。例えば、『今晩何を食べようかなぁ?』と“?”(疑問符)を付ける質問に対して、『冷蔵庫に白菜が余ってたから、一人鍋にしよう!』と結論を出します。
このプロセスが大事です。

考え方

会社の売上を2倍にするためには‥‥客数を2倍、または販売数を2倍、または頻度(リピート)を2倍などと言われています。
それは事実であり、そのためにもマーケティングなどが必要です。

もし売上を2倍にするために‥‥労働時間を2倍、エネルギーを2倍かけるとしたら、心身共に疲労困憊し長続きしません。
それでは、労働者数を2倍に‥‥もし、売上が2倍になっても利益が2倍になることはないでしょう。やり方次第では減益になりかねません。

ここで考えるべきことは、売上を2倍にするために‥‥の前に、

今の80%の時間とエネルギーで、同じ売上額にするためには?

を考えること(20%減は一例です)のほうが楽しく仕事ができると思います。

(誤解がないように、)「楽(ラク)したい」、という発想でもいいのですが、20%側の少数派の人は、「時間とエネルギーを他のことで使うために」という思考の傾向が強く、次の段階(ステップ)に進むためには?、と模索します。
単純に「時間を短縮しよう」「残業を減らそう」などは、誰にでも口に出せることです。この方法だけで「同じ売上額」が実現できるのでしたら、どの企業でも個人でも取り組み、成果をあげていることでしょう。そう単純ではないからこそ、成果を上げるためのベストorベターな方法を模索するのです。
企業、組織、形態などで違ってきますから、全体に適した対策と戦略が必要になるわけです。

まとめ

20%の人の思考は、「自問自答」から始まります。

「これは正しいのか?」
「他に方法はないか?」
「現時点のベストは何か?」
「何が不足しているのか?」
「誰かサポートしてくれる人はいるか?」

80%の人は、「他問他答」もしくは「自問他答」です。
「これはどうすればいいですか?」と他人に答えを求めます。

答えは、経験と知識の中から生じます。
そのために20%の人は「修得、実践、考察」を繰り返しています。

つまり、それが出来ないのならば、不平不満を言わず、80%側で満足していることも悪くはないと思われます。

20%の人と80%の人の思考と行動” への1件のコメント

  1. ピンバック:5%の人と95%の人の行動の違い – パラレルキャリアコーチ by ELAN.V+

コメントは受け付けていません。